G-BOOK.com TOP ユーザーサイト ログイン



G-BOOK利用規約

本利用規約(以下「本規約」といいます)は、トヨタコネクティッド株式会社(以下「弊社」といいます)が提供する自動車向け情報通信サービス「G-BOOK」(以下「G-BOOK」といいます)のご利用に関する決まりを定めるものです。
(※1)WiLL CYPHA向けのG-BOOK利用者は除きます。WiLL CYPHA向けのG-BOOK利用者は、弊社が別途定めるWiLL CYPHA用G-BOOK利用規約に従うものとします。

第1条(本規約の適用)

本規約は、弊社と利用者その他本規約などに基づき弊社がG-BOOKまたは個別サービスの利用を認めた者との間における、G-BOOKまたは個別サービスの利用にかかわる一切の関係に適用されます。ただし、本規約と個別サービスに係る規約の内容が異なる場合には、個別サービスに係る規約の内容が優先するものとします。

第2条(定義)

(1)
利用者:本規約に基づきG-BOOKの利用に関して弊社との間で契約が成立した者(以下この契約を「G-BOOK利用契約」といいます)
(2)
車載機:G-BOOK対応ナビゲーション端末
(3)
DCM:自動車装着専用データ通信モジュール
(4)
G-BOOK:弊社が、利用者に対して、車載機などを利用して、各種コンテンツを提供する情報通信を利用したサービスの総体(個別サービスを含まない意味で使用します)
(5)
個別サービス:G-BOOKを通して提供される個々のコンテンツおよびサービス
(6)
個別サービス提供事業者:個別サービスを提供する事業者(弊社を除きます)
(7)
G-BOOK基本利用料:G-BOOK 利用契約における基本料金
(8)
個別サービス料金:個別のサービスの料金
(9)
本件料金:G-BOOK 基本料金と個別のサービス料金の合計料金
(10)
販売店:トヨタ自動車株式会社(以下「トヨタ」といいます)がトヨタの車両を販売することを許諾した販売店(トヨタ店、トヨペット店、ネッツ店、カローラ店等)

第3条(本規約の範囲および変更、利用者への通知)

  1. 弊社が定める手段を通じ、随時利用者に対してG-BOOK または個別サービスに関して通知される諸規定は、通知した時点をもって本規約または個別サービスに関する規約の一部を構成するものとし、利用者はこれを承諾します。
  2. 弊社は、利用者の承諾を得ることなく本規約または個別サービスに関する規約を変更することがあり、利用者はこれに異議を述べないものとします。
  3. 弊社は、G-BOOKのウェブサイト(以下「ウェブ」といいます)に掲載することにより、利用者に対する通知を行ったものとみなし、利用者はこれを承諾します。

第4条(G-BOOKのサービス内容)

  1. 本規約に基づいて利用者が利用できるG-BOOKおよび個別サービスのサービス内容は、別に定めるものとします。弊社は、利用者に通知をすることなく、サービス内容の一部または全部を変更することがあり、利用者はこれを承諾します。
  2. 利用者は、個別サービスの利用にあたって、弊社または個別サービス提供事業者が別途定める利用規約等(契約約款・注意事項・説明等を含みますがこれらに限りません)に同意します。

第5条(G-BOOKの利用契約の申込み等)

  1. G-BOOK利用契約は、車載機を搭載した自動車1台ごとに、本規約の各条項を承諾のうえ、弊社と利用者1名(1社)との間で成立するものとし、1台の自動車につき複数の利用者が契約当事者になることはないものとします。
  2. 利用者は、本規約の各条項を承諾のうえ、弊社所定の方法により、弊社に対してG-BOOKの利用を申込むものとします。
  3. 前項の定めにかかわらず、平成25年5月30日までに、トヨタが運営する会員制情報サイトGAZOO(以下、「GAZOO」という)に会員登録(以下「会員」といいます)した個人の利用者は、GAZOO会員として付与されたIDおよびパスワード(ただし、2016年11月1日までに発行された旧TOYOTA Web Passport IDおよびパスワード、2016年11月1日以降に発行されたTOYOTA/LEXUSの共通IDおよびパスワードを除く)を、G-BOOKの利用においてもそのまま使用することができるものとします。(利用者が法人の場合、利用者として付与されたIDおよびパスワードを利用します)
  4. 弊社は、利用者からG-BOOKまたは個別サービス等の開始、変更、終了等の申し出を受けたときは、利用者に代わって当該申し出を実現するために必要な範囲内で、個別サービス提供事業者に対して必要な申込み等を行うことができるものとし、利用者はあらかじめこれを承諾します。
  5. G-BOOK利用契約の解約、G-BOOK利用資格の取消、その他事由のいかんを問わずG-BOOK利用契約が終了する場合、弊社は利用者に代わって個別サービスの提供事業者に対して利用者の利用する個別サービスの解約の申込み等を行うことができるものとし、利用者はあらかじめこれを承諾します。
  6. 前各項の取り扱いにおいて、個別サービス提供事業者の利用規約等に基づく料金、工事費その他の費用が発生する場合、別段の定めのない限り、当該費用は全て利用者の負担とします。なお、前2項の規定は、弊社に対し前2項に定める申込み等を行う義務を課すものではありません。

第6条(G-BOOK利用契約の成立)

  1. G-BOOK利用契約は、前条第2項の申込みが弊社に到達し、所定の手続完了後に弊社がこれを承諾した時に成立するものとします。
  2. 前項の承諾は、当該申込者において、G-BOOKの利用が可能となったときに、弊社がこれをなしたものとみなします。

第7条(G-BOOK利用申込みの承諾の拒否および取消し)

  1. 弊社は、利用者が次のいずれかに該当する場合、G-BOOKまたは個別サービスの申込みを承諾しないことがあります。また、承諾後であってもこれらの承諾の取消しを行うことがあります。利用者はあらかじめこれらを承諾します。
    (1)
    本規約または個別サービスの規約違反などにより過去にG-BOOKまたは個別サービス利用資格が取消されたことがあることが判明した場合
    (2)
    G-BOOKまたは個別サービス利用申込みに虚偽、誤記または記入もれがあることが判明した場合
    (3)
    利用者の指定した預金口座、クレジットカードなどが無効であるか、または収納代行会社、クレジットカード会社、金融機関などにより利用の停止または制限の措置が取られていることが判明した場合
    (4)
    本件料金のいずれかの支払いを怠っていることが判明した場合
    (5)
    GAZOOの利用規約またはGAZOOショッピング利用規約その他GAZOOのサービスに関する規約に違反したことがあることが判明した場合 (個人利用申込者に限ります)
    (6)
    その他、弊社が利用者または個別サービスの契約者として不適当と判断する場合
  2. 弊社は利用者が任意にG-BOOKまたは個別サービスの申込みに必要な記載事項を記載しない場合や本規約または個別サービスに関する規約に同意しない場合に次の措置を取る場合があります。
    (1)
    利用者が、G-BOOKまたは個別サービスの利用にあたり弊社が求める記載事項を一部でも記載しない場合および本規約または個別サービスに関する規約の内容を承諾できない場合、G-BOOKまたは個別サービスの利用申込みを承諾しない場合があります。
    (2)
    利用者が本規約に同意しない場合、弊社はG-BOOKのサービスのすべての提供・利用を行わないものとします。
  3. 前各項に該当する場合、G-BOOKのサービスのすべてを受けられないことについて、利用者はあらかじめ承諾します。

第8条(G-BOOKおよび個別サービスを利用できる者)

  1. 利用者が個人の場合には、G-BOOKおよび個別サービスは、当該利用者のみが利用できます。当該利用者以外の第三者がこれらを利用した場合、弊社は、当該利用者および当該第三者に対して、何らの責任を負いません。
  2. 利用者が法人の場合には、G-BOOKおよび個別サービスは、当該利用者の役員、従業員並びに当該利用者がG-BOOKおよび個別サービスの利用を許諾した第三者(以下この役員、従業員および利用を許諾された第三者を「法人契約利用者」といいます)が利用できます。
  3. 前項の場合において、利用者は、法人契約利用者によるG-BOOKおよび個別サービスの利用について一切の責任を負うものとし、法人契約利用者の行為は利用者の行為とみなされることをあらかじめ承諾します。

第9条(G-BOOKの利用方法)

利用者(利用者が法人である場合において、法人契約利用者を含みます)は、車載機または弊社所定の情報通信端末(携帯電話・パソコンなどの非車載機をいいます。以下「情報通信端末」といいます)を通じて、弊社および個別サービス提供事業者所定の方法により、G-BOOKおよび個別サービスを利用できます。

第10条(権利義務の譲渡禁止)

利用者は、G-BOOK契約および個別サービスに係る契約上の地位の全部または一部を第三者に譲渡し、承継させ、または担保に供することはできません。

第11条(ID等の管理責任)

  1. 利用者は、G-BOOKおよび個別サービスの利用にあたって必要となる自己のID、パスワードその他の暗証番号(以下、あわせて「ID等」といいます)を自ら責任を持って管理するものとし、そのID等を使用してなされた一切の行為およびその結果について、その行為を自らしたか否かを問わず一切の責任を負うものとします。
  2. 利用者は、自己のID等を第三者に貸与し、または使用させることはできないものとします(但し、利用者が法人である場合において、法人契約利用者を除きます)。万が一、利用者のID等が第三者(法人契約利用者を含みます)に使用されたことにより利用者またはその他の者が損害を被った場合であっても、その原因を問わず、弊社は一切の責任を負わないものとします。
  3. 利用者は、他の利用者のID等を使用してG-BOOKを利用することはできないものとします。万が一、利用者が他の利用者のID等を使用してG-BOOKを利用した場合、利用者はそれによって生じた一切の損害を直ちに賠償するほか、発生した一切の紛争をその責任と負担において解決するものとします。

第12条(変更の届出)

  1. 利用者は、氏名、住所、電話番号、口座振替指定の預金口座番号、クレジットカード番号、その他弊社への届出内容に変更があった場合には、弊社に対し速やかに所定の変更届出を行うものとします。
  2. 利用者が前項の届出を怠ったことにより自ら不利益を被った場合であっても、弊社は一切責任を負わないものとします。

第13条(車載機、情報通信端末の用意)

利用者は、G-BOOKまたは個別サービスを利用しようとする場合には、その利用に必要となる車載機、情報通信端末ならびにこれに付随する機器、ソフトウェアおよび情報通信端末用の通信回線等を、自己の責任と負担において用意するものとします。

第14条(個別サービスの変更・廃止)

弊社は、利用者へ通知することなく、G-BOOKの特定の個別サービスを変更または廃止することができるものとします。

第15条(G-BOOKのサービス終了)

弊社は、利用者に事前通知のうえ、G-BOOKのサービス提供を終了させて、G-BOOK利用契約を終了させることができるものとします。

第16条(G-BOOKのサービス提供の一時的な中断)

弊社は、次のいずれかに該当する場合には、利用者へ通知することなく、G-BOOKおよび個別サービスのサービス提供を一時的に中断することがあります。

(1)
G-BOOKまたは個別サービスのシステム保守を定期的に、または緊急に行う場合
(2)
火災、停電などによりG-BOOKまたは個別サービスのサービス提供ができなくなった場合
(3)
地震、噴火、洪水、津波などの天災によりG-BOOKまたは個別サービスのサービス提供ができなくなった場合
(4)
戦争、暴動、騒乱、労働争議などによりG-BOOKまたは個別サービスのサービス提供ができなくなった場合
(5)
通信サービスが停止された場合
(6)
車載機、または情報通信端末の使用環境その他の事情により通信障害が生じた場合
(7)
その他、運用上または技術上、弊社がG-BOOKまたは個別サービスのサービス提供の一時的な中断を必要と判断した場合

第17条(損害賠償)

  1. 弊社は、G-BOOKおよび個別サービスの利用またはそのサービス提供の有用性および正確性についていかなる保証もせず、その内容、遅延または中断などにより発生した利用者(利用者が法人である場合において、法人契約利用者を含みます)の損害に対しては、弊社に故意または重大な過失があるときに限り、1か月分相当のG-BOOK利用料金の範囲内でのみ損害賠償責任を負うものとし、それ以外は利用者およびその他の者に対していかなる責任も負わないものとします。
  2. 利用者(利用者が法人である場合、法人契約利用者を含みます)がG-BOOKおよび個別サービスの利用によって第三者に対して損害を与えた場合、利用者は自己の責任と負担をもって解決し、弊社には一切の迷惑をかけないものとします。
  3. 利用者(利用者が法人である場合、法人契約利用者を含みます)が本規約または個別サービスに係る規約に反した行為、または不正もしくは違法な行為によって弊社に損害を与えた場合、弊社は当該利用者に対して損害賠償を請求することができるものとします。

第18条(免責)

  1. 弊社は、G-BOOKの通信方式が廃止または変更されることに伴い、G-BOOKまたは個別サービスのサービス提供を終了することがあります。この場合、弊社は何らの義務も責任も負わないものとします。
  2. 弊社は、弊社以外の個別サービス提供事業者が提供するサービスや情報については何らの義務も責任も負わないものとします。
  3. 利用者(利用者が法人である場合において、法人契約利用者を含みます)と弊社以外の個別サービス提供事業者との間で紛争が生じた場合は、利用者と当該個別サービス提供事業者との間で解決するものとし、利用者は、弊社に何らの請求または苦情を申し立てないものとします。
  4. 利用者(利用者が法人である場合において、法人契約利用者を含みます)は、次の各号の場合には、G-BOOKおよび個別サービスの全部または一部が利用できず、それにより利用者または第三者が被った損害・損失等に対して、それが弊社の故意または重過失により生じた場合を除き、弊社がいかなる責任も負わないものであることを承諾します。
    (1)
    利用者の届出た情報の内容に誤りのある場合、または利用者が第12条の変更届出を怠っている場合
    (2)
    車載機、DCMまたはその他周辺機器等が正しく設置もしくは接続されていない場合、または故障、損壊、不具合等があり正常に作動しない場合、またはこれらの組み合わせにおいて不適合である場合、もしくはG-BOOKまたは個別サービスの利用に障害となるような機能設定をしている場合
    (3)
    車載機、DCMまたはその他周辺機器の取扱説明書等に記載されている事項を遵守しなかった場合
    (4)
    車載機を搭載した車両搭載のバッテリーの電圧低下や、車載機またはDCMの電池切れ等、車載機、DCMまたはその他周辺機器等に電力が正常に供給されていない場合
    (5)
    車載機やDCMまたはその他周辺機器等の電源が入っていない場合

第19条(G-BOOKの適法な私的利用以外の利用禁止など)

  1. 利用者は、G-BOOKおよび個別サービスで伝達する情報に、著作権その他の知的財産権が成立し、各種法令または条約で保護されるものが含まれることを認識したうえで、著作権者その他知的財産権の権利者(以下、「著作権者等」といいます)の承諾を得ることなく、G-BOOKおよび個別サービスを通じて入手した、知的財産権で保護されるいかなる情報(以下「知財情報」といいます)も、複製、改ざん、販売、出版その他のいかなる方法によっても利用者個人の私的利用以外の目的で利用することはできないものとします。
  2. 利用者(利用者が法人である場合において、法人契約利用者を含みます)は、著作権者等の承諾を得ることなく、G-BOOKおよび個別サービスを通じて入手したいかなる知財情報も、複製、改ざん、販売、出版その他のいかなる方法によっても第三者(利用者が法人である場合において、法人契約利用者を含みます)へ使用させ、または公開することはできないものとします。
  3. 利用者(利用者が法人である場合において、法人契約利用者を含みます)は、著作権者等の承諾を得ることなく、その知的財産権を侵害する態様で営業活動または営利もしくはその準備を目的としてG-BOOKおよび個別サービスを利用することができないものとします。
  4. 利用者(利用者が法人である場合において、法人契約利用者を含みます)は、法令または公序良俗に反してG-BOOKおよび個別サービスを一切利用することができないものとします。

第20条(電子メール)

  1. 利用者は、G-BOOKおよび個別サービスにおいて電子メール送受信等する場合には、自己の責任においてこれを行うものとします。
  2. 弊社所定の方法を用いて、電子メールを送信した結果、不達が弊社所定の回数に達した場合には、電子メールの送信を停止致します。これにより、利用者が不利益を受けたとしても、弊社は何らの責任も負いません。
  3. 「音声読上げ」機能実現のための機械的な処理、通信の疎通その他の正当な業務の履行である場合を除いて、弊社は法令の定めまたは手続きに拠らずして、電子メールの内容または宛先を閲覧したり、第三者に開示することはなく、利用者の通信の秘密を保障します。但し、利用者が法人である場合において、複数の法人契約利用者が同一のID等により電子メールを使用する場合、当該法人契約利用者の間においては、個人としての秘密は保障されません。

第21条(情報などの削除)

  1. 弊社は、利用者(利用者が法人である場合において、法人契約利用者を含みます)が掲示板などに登録した情報および文書などを、利用者へ通知することなく削除することがあり、利用者はこれをあらかじめ承諾します。弊社は、「特定電気通信役務提供者の損害賠償責任の制限および発信者情報の開示に関する法律」の定めにより、利用者の発信者情報を開示することがあり、利用者はこれを承諾します。
  2. 利用者は前項の規定について、これをあらかじめ承諾するとともに、利用者が法人の場合には、利用者の責任において法人契約利用者の承諾をとるものとします。

第22条(個人情報の取扱い)

  1. 個人情報とは、個人に関する情報であって、当該情報に含まれる氏名、生年月日その他の記述等により特定の個人を識別することができるもの(他の情報と容易に照合することができ、それにより特定の個人を識別することができることとなるものを含みます)をいいます。
  2. 弊社は、第4項で定める目的のために、次の各号で定める情報に含まれる、利用者の個人情報を取得します。
    (1)
    G-BOOKの利用申込みの際にご登録いただいた情報
    (2)
    G-BOOKの利用申込みの際に、G-BOOKを利用する車両としてご指定いただいた車両に関する情報(車名、車台番号、自動車登録番号、初年度登録年月日を含みますがこれに限りません)
    (3)
    G-BOOKの個別サービスの利用申込みの際にご登録いただいた情報
    (4)
    G-BOOKおよび個別サービスの利用に際しご提供いただいた情報およびその利用状況に関する情報
    (5)
    弊社の定める任意のタイミングで取得する利用者の車両に関する情報(位置情報・走行距離情報・警告等表示情報を含みますがこれに限りません。以下「車両状態情報」といいます)
  3. 利用者は、前項に含まれる利用者の個人情報を、弊社が利用者から取得するほかに、弊社がトヨタ、販売店または個別サービス提供事業者から取得することに同意します。
  4. 弊社は、取得した個人情報を安全に管理し、次の目的のために個人情報を利用できるものとし、利用者はこれに同意します。
    (1)
    利用者への課金
    (2)
    利用者へのお知らせ等の発送・発信
    (3)
    G-BOOKおよび個別サービスのサービス提供
    (4)
    利用者の車両状態情報を統計処理・分析し、利用者を含む第三者への情報提供サービス(交通情報など)
    (5)
    商品・サービスの企画・開発等あるいはお客様満足度向上策等の検討のための、利用者へのアンケート調査
    (6)
    以上のほか利用者の個人情報取得の時点でウェブ上に明記された目的
  5. 弊社は、G-BOOKサービスに関する業務をトヨタ、個別サービス提供事業者に委託することがあります。弊社が当該委託先に対し、利用者がG-BOOKのサービスを利用するにあたり必要な個人情報を開示する場合、当該委託先における個人情報の安全な管理について責任をもって監督し、個人情報の漏洩・滅失等の防止に努めるものとします。
  6. 弊社は、各サービス窓口へのお問い合わせおよびご相談内容について、通話のモニタリングや録音をして、以下の目的に使用します。
    (1)
    お問い合わせ内容の確認
    (2)
    お客様応対の品質およびお客様満足度向上
  7. 弊社は、次に記載する項目に関する利用者の個人情報を、次の提供先に提供することがあり、利用者はこれに同意します。

    7-1. 提供先:トヨタ

    (1)
    提供先の利用目的は次のとおり:
    GAZOO会員登録・変更の実施
    商品・サービス等についてのご案内
    商品・サービス等の企画・開発あるいは品質向上の為の活用
    利用者に、商品の企画・開発あるいはお客様満足度向上策等の参考にする目的で行うアンケート調査の実施
    (2)
    項目は次のとおり:
    車名・車台番号・自動車検査証情報・車両状態情報およびG-BOOK利用情報・契約内容・契約期間・利用者の氏名・住所・生年月日・電話番号・メールアドレス・性別
    (3)
    提供方法は次のとおり:
    データの送信、記録媒体での送付または書類を送付する方法により提供

    7-2. 提供先:利用者が、車載機を搭載した車両を購入した販売店

    (1)
    提供先の利用目的は次のとおり:
    当該車両のメンテナンスへの活用
    当該車両のメンテナンスについてのご案内
    (2)
    項目は次のとおり:
    車名・車台番号・自動車検査証情報・車両状態情報およびG-BOOK利用情報・契約内容・契約期間・利用者の氏名・住所・生年月日・電話番号・メールアドレス・性別
    (3)
    提供方法は次のとおり:
    データの送信、記録媒体での送付または書類を送付する方法により提供

    7-3. 提供先:個別サービス提供事業者

    (1)
    提供先の利用目的は次のとおり:
    当該個別サービスの提供
    当該個別サービスの利用料金の請求業務
    新サービス、新メニューのご案内
    アンケート調査の実施
    利用促進等を目的としたキャンペーンの実施
    新サービスの開発、サービス品質の評価・改善
    (2)
    項目は次のとおり:

    当該個別サービス利用情報・契約内容・契約期間・利用者の氏名・住所・生年月日・電話番号・メールアドレス・性別

    (3)
    提供方法は次のとおり:
    データの送信、記録媒体での送付または書類を送付する方法により提供
  8. 弊社は、利用者または第三者の重大な利益を保護するために必要と判断する場合、 または弊社が従うべき法的義務のために必要がある場合は、 利用者の個人情報を開示することがあり、利用者はあらかじめこれを承諾します。
  9. 利用者は、弊社が取得した自己の個人情報について、個人情報の保護に関する法律の定めるところにより弊社に対して開示するよう請求することができるものとします。万が一個人情報の内容が事実でないことが判明した場合には、速やかに訂正または削除に応じます。
  10. 利用者の個人情報に関するお問い合わせ先はG-BOOKサポートセンターまでご連絡ください。
    【G-BOOKサポートセンター】 TEL 0120-104-370
    (9:00〜18:00 年中無休)
  11. 事業者及び個人情報保護管理者は次に記載します。
    【事業者】 トヨタコネクティッド株式会社
    【個人情報保護管理者】 G-BOOK事業担当部門長
    〒460-0003 名古屋市中区錦一丁目11番11号 名古屋インターシティ14階
    TEL 052-219-6700 URL:http://www.toyotaconnected.co.jp
  12. 利用者は、利用者の個人情報を弊社にご提供頂けない場合、G-BOOKサービスの提供を受けることができません。

第23条(利用料金)

  1. 本件料金ならびにその支払方法は別表のとおりとします。利用者は、G-BOOKおよび個別サービスの利用に関し賦課される消費税その他の税を負担するものとします。
  2. 利用者は、車載機1台ごとに本件料金を支払うものとします。

第24条(利用料金の支払い)

  1. 利用者は、次の各号に定める方法のうち、利用者が指定し弊社が承認したいずれかの方法により、本件料金を支払うものとします。利用者とクレジットカード会社、収納代行会社または金融機関などとの間で紛争が発生した場合は、各々該当する当事者間で解決するものとし、弊社には一切の責任はないものとします。
    (1)
    クレジットカードによる支払い
    利用者は、弊社が承認したクレジットカード会社の指定するクレジットカードにより、当該クレジットカード会社が定める条件に基づき支払うものとします。
    利用者は、当該クレジットカードの会員番号もしくは有効期限が更新もしくは変更された場合、または当該クレジットカード資格を失った場合には、弊社が当該クレジットカード会社からその連絡を受けることがあることをあらかじめ了承します。なお、利用者は、当該クレジットカードの会員番号または有効期限の更新または変更がなされた場合でも、継続して本件料金を当該更新または変更後のクレジットカードにより支払うことをあらかじめ同意するものとします。
    (2)
    預金口座振替による支払い
    利用者は、第5条第2項に定める弊社所定の方法にてG-BOOK利用申込みをした場合に限り、口座振替依頼書または自動払込利用申込書に記載された内容に従い、預金口座振替による支払いができるものとします。
    (3)
    指定口座振込みによる支払い
    利用者が法人の場合には、弊社が利用者からの申し入れを特に認めた場合に限り、弊社の発行する請求書に記載された内容に従い、指定口座への現金振込みによる支払いができるものとします。
  2. 利用者は、弊社所定の手続きにより、支払方法の変更をすることができるものとします。

第25条(遅延損害金)

利用者は、本件料金の支払いに関して、弊社の指定する支払い期日を経過してもなお支払いが行われない場合は、支払い期日の翌日から支払い日までの日数について、年14.6%(1年を365日とする日割計算による)の割合で計算して得た金額を、遅延損害金として弊社に支払うものとします。但し、個別サービス提供事業者において、別段の定めを置いている場合には、利用者は、この定めに従うものとします。

第26条(譲渡時等の取扱い)

  1. 利用者は、車載機を搭載した車両を他へ譲渡し、あるいはいかなる理由にも関わらず、毀損・滅失等により車載機を搭載した車両を保有しなくなった場合は、G-BOOK利用契約および個別サービスの利用契約の解約を弊社に届出るものとします。利用者がこれを怠ったことにより利用者に損害が発生しても弊社は一切の責任を負わないものとします。また、これらについて弊社が知った場合には、弊社は利用者に通知することなくG-BOOK利用契約および個別サービスの利用契約を解約等できるものとします。
  2. 利用者は、車載機を搭載した車両を他へ譲渡または貸与するなどして自己の直接占有から離脱させる場合には、自己の責任と負担において、車載機に入力された個人情報のすべてを弊社所定の手続きにより消去するものとします。万が一、利用者が所定の手続きを経ずに、または所定の手続きを正しく行わずに、車載機に入力された個人情報が第三者に漏洩しても、弊社は一切の責任を負わないものとします。

第27条(反社会的勢力の排除)

  1. 利用者は、自己(利用者が法人である場合においてはその代表者、役員、実質的に経営権を有する者、従業員を含みます)または代理人もしくは媒介者(以下「関係者」といいます)が、現在、暴力団、暴力団員、暴力団員でなくなったときから5年を経過しない者、暴力団準構成員、暴力団関係企業、総会屋等、政治活動・宗教活動・社会運動等標ぼうゴロその他これらに準じる者(以下併せて「反社会的勢力」といいます)のいずれにも該当せず将来にわたっても該当しないこと、および反社会的勢力と次の各号のいずれかに該当する関係を有しないことを表明し、かつ、将来にわたってこれらに該当することがないことを確約するものとします。
  2. 利用者は、自らまたはその関係者が、直接的または間接的に、以下の行為を行わないことを確約するものとします。
  3. (1)
    暴力的な要求行為
    (2)
    法的な責任を超えた不当な要求行為
    (3)
    本サービスの利用に関して、脅迫的な言動(自己またはその関係者が反社会的勢力である旨を伝えることを含みますが、これに限りません)をし、または暴力を用いる行為
    (4)
    風説を流布し、偽計を用いまたは威力を用いて弊社の信用を毀損し、または弊社の業務を妨害する行為
    (5)
    その他前各号に準じる行為
  4. 利用者が反社会的勢力もしくは第1項各号のいずれかに該当し、第2項各号のいずれかの行為をし、または利用者が前第1項および第2項に基づく表明ないし確約に関し虚偽の申告をしたことが判明した場合は、弊社は、何らの催告を要することなく本G-BOOK利用契約を解除して、本サービスの提供を中止することができます。これにより、かかる解除に起因して利用者に何らかの損害が生じたとしても、弊社はその賠償ないし補償を要せず、また、弊社に損害が生じたときは、利用者はその損害を賠償するものとします。
    1. 第28条(G-BOOK利用資格の取消し)

      弊社は、利用者が次の各号のいずれかに該当する場合、利用者に通知または催告することなく、利用者のG-BOOKおよび個別サービスの利用資格を取消し、G-BOOK利用契約および個別サービス利用契約を解除できるものとします。この場合において、利用者は、弊社に対する債務があるときは、その全額を直ちに支払うものとします。この場合、弊社は既にお支払いいただいた本件料金の払戻しは一切行いません。

      (1)
      GAZOO会員登録を抹消された場合
      (2)
      弊社に対しG-BOOK利用契約または個別サービス利用契約に関連する事項につき虚偽の申告をした場合
      (3)
      G-BOOKまたは個別サービスを不正に利用した場合
      (4)
      G-BOOKまたは個別サービスの運営を妨害した場合
      (5)
      本件料金の支払いを遅滞し、または支払いを拒否した場合
      (6)
      本規約または個別サービス提供事業者の利用規約等のいずれかの条項に違反した場合
      (7)
      第27条に違反する事実が判明したとき
      (8)
      その他、弊社が利用者として不適当と判断した場合

      第29条(G-BOOK利用契約の解約)

      1. 利用者は、G-BOOK利用契約の解約を希望する場合、弊社所定の手続きにより弊社に届出るものとします。解約の効力は、弊社に解約の届出が到達した時点で生じるものとします。この場合、弊社は、既にお支払いいただいた本件料金の払戻しは一切行いません。
      2. 前項に従い解約の届出をした利用者は、弊社に対する債務があるときは、その全額を直ちに支払うものとします。
      3. 弊社は利用者がG-BOOKを1年以上利用していないと判断した場合、利用者に事前に承諾を得ることなく解約を行うことができるものとします。

      第30条(専属的合意管轄裁判所)

      利用者と弊社との間で訴訟が生じた場合、名古屋地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

      (付則)2017年7月1日改訂

      【別表:G-BOOKの利用料金および支払方法】

      (1)利用料金(金額はそれぞれ、消費税を含みます。)

      区分 料金
      G-BOOK
      (DCM利用)
      G-BOOK
      (携帯電話利用)
      G-BOOK
      利用料金
      月払い 1,300円/月 400円/月
      半年払い 7,500円/6ヶ月 2,100円/6ヶ月
      年払い 12,000円/年 3,600円/年
      個別サービス料金 個別サービスを提供する弊社又は個別サービス提供事業者が定める料金
      (コンテンツ毎に異なりますので、各コンテンツのページでご確認下さい。)
      携帯電話ご利用の場合、G-BOOKご利用にかかる通信費はお客様のご負担となります。この場合、当該通信費はご利用の携帯電話事業者が定めるとおりとなります。
      月の中途から利用開始された場合でも利用料金は日割りいたしません。
      お支払いいただいた利用料金は、契約期間経過前での途中解約も含め理由のいかんを問わず一切払戻しいたしません。
      利用料金は2017年7月1日現在の価格であり、予告なく変更される場合があります。

      (2)支払方法

      支払方法 料金区分 課金方式
      クレジットカード G-BOOK利用料金、一部の個別サービス料金 自動継続課金
      その他の個別サービス料金 都度課金
      預金口座振替 G-BOOK利用料金、一部の個別サービス料金 自動継続課金
      その他の個別サービス料金 都度課金
      指定口座振込 G-BOOK利用料金、一部の個別サービス料金 自動継続課金
      その他の個別サービス料金 都度課金
      個別サービス料金は、弊社が個別サービス提供事業者に代わり、または個別サービス提供事業者から弊社が債権譲渡を受けて請求いたします。
      預金口座振替は、月払いの場合選択できません。
      預金口座振替による支払いの場合、弊社は利用者に事前の案内(請求書または利用明細の送付等)を行わないものとし、利用者はこれを承諾します。また、当月の引落しにかかる利用料金の合計が2,000円未満の場合は、別途108円(税込)の手数料をご請求させていただきます。
      指定口座振込は、法人利用者のみ選択できます。

マイカーサーチ利用規約

トヨタコネクティッド株式会社(以下「弊社」といいます)は、G-BOOK利用規約および本マイカーサーチ利用規約(以下「本規約」といいます)に基づき、利用者に対して「マイカーサーチ」(以下「本サービス」といいます)を提供します。

第1条(本規約の適用)

  1. 利用者は、G-BOOK利用規約に基づき弊社がG-BOOKの利用を認めた者であることを前提とします。
  2. 本規約は、G-BOOK利用規約の一部を構成するものとし、G-BOOK利用規約で定める内容と本規約の内容が異なる場合は本規約の定めが優先するものとします。
  3. 本規約に定めのない事項は、G-BOOK利用規約の定めに従うものとします。

第2条(定義)

本規約において、次の用語はそれぞれ当該各号に定める意味で使用されるものとします。なお、本条その他本規約で別段の定めがない限り、利用規約において定義された用語の意味は、本規約においても同一の意味を有するものとします。

(1)
対象車両:利用者が利用申込みにおいて登録した車載機およびDCMの搭載車両
(2)
センター:G-BOOKを運営・提供するために、弊社が管理・運用または保有するシステムおよび運営組織
(3)
位置情報:車載機およびDCMよりセンターに対して情報を送信した時点における対象車両のおおよその所在場所の情報
(4)
盗難発生警報装置:対象車両に搭載される機器であり、対象車両に盗難が発生した場合、または盗難発生の蓋然性を有する事象が発生した場合、音または音および灯光等により、対象車両の車外へ警報を発すると共に、車載機およびDCMに対して、盗難発生または盗難発生の可能性に関する警報信号を送る装置

第3条(本サービスの内容)

本サービスの内容は以下に定めるとおりです。ただし、車種・車載機およびDCMにより利用できるサービスが異なります。詳しくは、G-BOOKのウェブサイト(URL:http://g-book.com/)をご確認ください。 なお、電子メール(以下「メール」といいます)を利用するサービスについては、弊社所定の方法を用いて、メールを送信した結果、不達が弊社所定の回数に達した場合には、メールの送信を停止致します。これにより、利用者が本条で定めたサービスを受けることができない等の不利益を受けたとしても、弊社は何らの責任も負いません。

  1. エンジン始動(ACC-ON)通知
    利用者があらかじめ弊社所定の方法で「エンジン始動(ACC-ON)通知」の設定を行った対象車両が、エンジン始動(ACC-ON)状態で、かつ車載機およびDCMからセンターに対して位置情報が送信され、センターが同情報を受信した場合、センターは、利用者が事前指定したメールアドレス宛てに、エンジン始動(ACC-ON)状態になったことをお知らせするメールを送信します。
  2. アラーム通知
    盗難発生警報装置の作動により、車載機およびDCMが警報信号を感知し、センターに警報信号が送信された場合、弊社は、利用者があらかじめ弊社所定の方法で設定・登録した連絡方法および連絡先に基づき、利用者に対して、車載機およびDCMが警報信号を送信している事実をご連絡します。
  3. 車両位置の確認
    (1)
    利用者が弊社所定の方法で「車両位置の確認」に関する設定を行った場合、弊社が利用者向けに開設するウェブの地図上に対象車両の位置情報履歴を表示します。
    (2)
    車両位置確認サービスのうち、約10分ごとに位置情報を通知するサービスは、最初にメールを送信したときから約24時間を経過後にメールが送信された時点で、自動的に設定が解除されます。
  4. 警備員の派遣要請
    (1)
    弊社は、利用者から弊社所定の方法による要請を受けた場合は、弊社所定の警備会社の警備員を車載機およびDCMから送信されてきた位置情報のおおよその位置に派遣させ、次の業務を行います。ただし、a)位置情報の検索が不可能な場合、およびb)弊社が車載機およびDCMから送信される位置情報に基づき、対象車両の停車時間が10分未満であると判断する場合は、本項の業務の対象外とします。
    1 警備員は、弊社の指示に基づき派遣した位置付近を巡回し、対象車両の発見に努めます。巡回時間は、原則として、警備員が巡回のために出動してから1時間とし、同巡回に要する費用は無料とします。利用者が弊社所定の方法によって、1時間を超える巡回を要請した場合、弊社は、警備員に対して、さらに、利用者が指定する時間内の巡回を行わせるものとしますが、1時間を超える巡回については、別途費用が発生するものとします。
    2 利用者は、警備員の巡回に際し、弊社の要請があった場合、巡回に同行するなどして協力するものとします。利用者が巡回に同行する際に要する費用については、利用者の自己負担とし、また、利用者による巡回の同行については、利用者の責任に基づいて実施されるものであり、同行中に生じる事故等については、弊社並びに警備会社および警備員は、何ら責任を負いません。
    3 弊社は、利用者に対して、上記1の巡回結果(対象車両を発見できた場合はその旨、巡回時間内で発見できなかった場合はその旨)を電話など弊社所定の連絡方法にて通知します。
    (2)
    前号1の業務範囲は、原則として、警備員が公道上から目視できる範囲とし、第三者の占有・管理に属するために任意に入場できない範囲、警備員に危険が生じる可能性があると弊社が判断した範囲およびその他通常の巡回が不可能な範囲を除くものとします。
    (3)
    第(1)号の業務における弊社の契約上の義務は、第(1)号3の通知をもって一切完了するものとします。ただし、第(1)号3の業務において、理由の如何を問わず、弊社所定の方法による利用者に対する連絡が奏功しない場合は、弊社が利用者に対して連絡を試みた時点をもって弊社の契約上の義務は終了するものとします。
    (4)
    本項の業務は、弊社が、対象車両の捜索を行うのみであり、発見した対象車両を警備するものではありません。従って、対象車両が発見できない場合、対象車両が毀損した場合等につき、弊社は、一切責任を負いません。

第4条(本サービスの提供)

  1. 弊社は、車載機およびDCMの通信・位置情報システムを利用して、日本国内において本サービスを提供します。ただし、次のいずれかに該当する場合は本サービスを提供できません。
    (1)
    DCMが電波を送受信出来ない場合
    (2)
    第3条第4項のサービスにおいて、山間部、離島、高速道路上、その他警備会社が対応できない地域に対象車両が存在した場合
    (3)
    弊社所定の方法でメール送信ができない場合
  2. 弊社は、プライバシー保護およびセキュリティ管理のため、本サービスの利用にあたってG-BOOKの利用申込み時に付与されたIDおよびパスワード、または利用者本人を特定できる情報をもって、本サービスの申込者が利用者本人であることの確認ができない場合は、本サービスを提供しません。
    ただし、本サービスを提供しないことで利用者の利益を著しく損なう恐れがあると弊社が判断した場合はこの限りではありません。
  3. 第3条第4項のサービスは、対象車両が盗難されたと利用者が判断し、同盗難について、警察に被害届を提出いただくことを条件としてサービスを提供します。

第5条(警備会社の関連会社への委託)

本サービスの提供において、対象車両の所在する位置が警備会社の関連会社の管轄地域であるときは、弊社は、弊社および警備会社の責任で、その対応業務を警備会社の関連会社に委託することができるものとします。

(付則) 2017年7月1日改訂

G-BOOKプレミアムコール利用規約

第1条(目的)

トヨタコネクティッド株式会社(以下「弊社」といいます)は、プレミアムコール利用規約(以下「本規約」といいます)を定め、これに基づき利用者に対しプレミアムコールサービス(以下「本サービス」といいます)を提供します。

第2条(規約の変更)

弊社は、利用者の承諾を得ることなく本規約を変更することがあり、利用者はこれに異議を述べないものとします。この場合、弊社が定める手段を通じて利用者に通知した時点をもって変更の効力が発生するものとし、利用者はこれを承諾します。また、この場合、本サービスの提供条件は、変更後の規約によります。

第3条(本サービスの内容)

本規約に基づいて利用者が利用できる本サービスの内容は、別に定めるものとします。弊社は、利用者に通知することなく、サービス内容の一部または全部を変更することがあり、利用者はこれを承諾します。

第4条(本サービスの利用申込み)

  1. 本サービスの利用申込みは、利用者が弊社との間でG-BOOK利用契約を締結することを前提とします。
  2. 利用者は車載端末を搭載した車両1台ごとに、次の各号に定める手続きに基づき、本規約の各条項を承諾の上、弊社に本サービスの利用を申し込みます。
    1 ウェブを通じたオンラインでの申込み
    2 トヨタ販売店に備え置かれている申込み用紙での申込み(トヨタ販売店にご提出下さい)

第5条(本サービス利用契約の成立、利用契約申込みの承諾および取消し)

  1. 本サービスの利用契約は、前条第2項の申込みが弊社に到達し、弊社がこれを承諾したときに成立します。
  2. 弊社は、利用契約の申込者が次の各号のいずれかに該当する場合、前条第2項の申込みを承諾しないことがあります。また、承諾後であっても承諾を取消すことがあります。
    1 契約の申込み内容に虚偽重大な誤記または記入漏れがあることが判明した場合
    2 申込者の指定した預金口座、クレジットカードなどが、無効であるか、または収納代行会社、クレジットカード会社、金融機関などにより利用の停止または制限の措置が取られていることが判明した場合
    3 弊社との間でG-BOOK利用契約が締結されていない場合
    4 その他、弊社が本サービスの利用者として不適当と判断した場合

第6条(本サービスの利用)

利用者は、弊社が指定するプレミアムコール専用電話へ連絡することにより、本サービスを利用することができます。

第7条(権利義務の譲渡禁止)

利用者は、本サービス利用契約上の権利・義務の全部または一部を第三者に譲渡し、承継させ、または使用させることはできません。

第8条(申込み内容の変更)

利用者は、本サービスの申込みの際に届出た内容に変更があった場合には、弊社に対し速やかに所定の変更届出を行います。利用者がこの届出を怠ったことにより、自ら不利益を被ることになった場合であっても、弊社は一切責任を負いません。

第9条(本サービスの提供の終了)

弊社は、利用者にあらかじめ通知のうえ、本サービスの提供を終了することができます。この場合、弊社は、すでにお支払いいただいた利用料金の払い戻しは一切行いません。

第10条(本サービスの提供の一時的な中断)

  1. 弊社は、次の各号のいずれかに該当する場合には、利用者に通知することなく、本サービスの提供を一時的に中断することがあります。
    1 弊社のシステムまたは第一種電気通信事業者の電気設備の保守を定期的にまたは緊急に行う場合
    2 天災その他非常事態が発生し、または発生するおそれがある場合
    3 その他、運用上または技術上、弊社が本サービスの提供の一時的な中断を必要と判断した場合
  2. 弊社は、前項の事由に基づく本サービスの提供の一時的な中断によって、利用者が被った損害について一切責任を負いません。

第11条(損害賠償)

本サービスの利用により利用者または第三者が被った損害については、弊社に故意または重大な過失がない限り、弊社はその損害を賠償する責任を負いません。

第12条(免責)

弊社は、次の各号のいずれかに該当する場合、利用者が被った損害に対し、一切賠償の責任を負いません。
1 利用者の要求により実施した特別のまたは追加の業務提供行為、その他本サービスの内容を超えた業務提供行為から生じた損害
2 本サービス利用に必要なGAZOOメンバーIDおよびパスワード(以下併せて「ID等」といいます)の利用者による使用上の過誤および第三者の不正使用等により起因して発生した損害
3 G-BOOK利用契約に基づき第一種電気通信事業者と契約した通信回線サービスの利用が中止または停止されたことによる損害
4 宿泊、航空機、レンタカー、レストラン等の予約代行サービス(以下「予約代行サービス」といいます)において、利用者と宿泊機関、航空会社、レンタカー会社、レストラン等との間で生じた損害
5 地震、噴火、津波などの自然災害、戦争、暴動、労働争議など弊社の責めに帰すことができない事由により、本サービスの提供ができなくなったことに起因する損害
6 その他、弊社の責めに帰すことができない事由に起因する損害

第13条(個人情報の取り扱い)

  1. 弊社は、G-BOOKの利用申込みに際し利用者から提供を受けた利用者の個人情報(氏名、生年月日その他の記述等により特定の個人を識別できる情報)を、本サービスの提供のために使用できるものとし、利用者はこれを承諾します。
  2. 弊社は、次の各号のいずれかに該当する場合を除いて、利用者の事前の同意を得ることなく利用者の個人情報を第三者に開示しません。
    1 法令の定めにより開示が必要とされる場合
    2 利用者または公共の安全を守るために必要とされる緊急事態の場合
  3. 弊社は、前項の規定にかかわらず、弊社が本サービスに関する業務を委託するコンテンツ提供事業者またはサービス委託会社に利用者が本サービスを利用するにあたり必要な個人情報を開示することがありますが、当該委託先における個人情報の安全な管理については弊社が責任をもって監督し、個人情報の漏洩・滅失等の防止に努めるものとします。

第14条(利用料金)

  1. 本サービスの利用料金は、月額1,260円(税込)とします。利用者は、本サービスの利用に関し賦課される消費税その他の税を負担します。
  2. 利用者は本サービスを利用する車載端末を搭載した車両1台毎に本サービスの利用料金を支払います。
  3. 本サービスの利用料金は、月の中途で申し込みされた場合であっても、日割りいたしません。

第15条(利用料金の変更)
本サービスの提供条件の変更または経済事情の変動などにより本サービスの利用料金の変更が必要になった場合は、弊社は合理的な範囲内で利用料金を変更することができます。

第16条(利用料金の支払い)
利用者は、利用者が選択したG-BOOK利用料金の支払方法と同一の方法により、本サービスの利用料金を支払います。

第17条(利用契約の解約)

  1. 利用者は、本サービスの利用契約の解約を希望する場合、所定の手続きにより弊社に届出ます。解約の効力は、弊社に解約の届出が到達した時点で生じるものとし、弊社はその時点をもって利用登録を削除します。
  2. 前項に従い解約の届出をした利用者は、弊社に対する債務がある場合にはその全額をただちに支払います。弊社は、すでにお支払いいただいた利用料金の払い戻しは一切行いません。

第18条(利用契約の解除)

  1. 弊社は、利用者が次の各号のいずれかに該当する場合、利用者に通知または催告することなく、ただちに契約を解除することができます。この場合、利用者は、弊社に対する債務がある場合には、その全額をただちに支払います。弊社は、すでにお支払いいただいた利用料金の払い戻しは一切行いません。
    1 対象車両以外に利用されているとき
    2 第5条第2項各号のいずれかに該当することが判明した場合
    3 第20条に定める行為があった場合
  2. 弊社が契約を解除した場合は、利用者は弊社の被った損害を弊社に支払います。

第19条(利用者の義務)

  1. 利用者は、本サービス利用に必要なID等を責任をもって管理するものとし、そのID等を使用されてなされた一切の行為および結果について、その行為を自らしたか否かを問わず一切の責任を負います。
  2. 本サービスの契約期間中、弊社が本サービスに必要と判断した場合、利用者に必要な資料(公的証明書等)の提出を求めることができます。
  3. 予約代行サービスにおいて、予約の変更・取消しにより、キャンセル費用が発生した場合には、利用者の責任において宿泊機関、航空会社、レンタカー業者、レストランなどにキャンセル費用を支払うものとします。

第20条(禁止事項)
利用者は、本サービスの利用にあたって次の各号の行為を行うことはできません。
1 弊社または第三者に不利益もしくは損害を与える行為、またはそのおそれのある行為
2 第三者の人権を侵害する行為、またはそのおそれのある行為
3 公序良俗に反する行為、またはそのおそれのある行為
4 犯罪的行為、不法行為、またはそのおそれのある行為
5 本サービスの運営を妨げる行為、またはそのおそれのある行為
6 第三者に本サービスを利用させる行為
7 本サービスを事業として利用する行為
8 その他、弊社が不適切と判断した行為

第21条(管轄裁判所)
利用者と弊社との間で本規約について訴訟が生じた場合は、名古屋地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

(付則)この規約は2017年7月1日から実施します。


| 特定商取引法に基づく表記 | ご利用規約 | よくある質問(FAQ) | お問い合わせ | サイトのご利用について | プライバシーポリシー | サイトマップ